BLOG

『【コラム】幸せな結婚生活は遺伝子が決めている!?』

 

結婚生活が幸せかどうか、これは自分だけの問題ではなく、パートナーとの価値観や共通の趣味など多くの相性が関係していると思っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな幸せな結婚にまつわる遺伝子をご紹介します。

その遺伝子は、OXTR

この遺伝子のrs53576という場所の塩基によって、結婚生活がうまくいくかどうかが決まるかもしれないのです。

37歳から90歳の既婚者178人を対象に、結婚生活における満足感などを質問した研究で、どちらから一方がこの遺伝子が変異しているとそうではないカップルと比較して結婚生活がうまくいくということがわかりました。

この遺伝子は、オキシトシンという人との絆をはぐくむホルモンに関係しています。

この研究から、自分が変異している遺伝子を持っている場合はどのような相手とでも結婚生活がうまくいき、反対に持っていないと相手次第ではうまくいかない、という可能性があることが分かりました。

パートナーとの相性よりもまずは遺伝子を調べる。

そんな未来も遠くないのかもしれません。